陶器市の4日は師匠来訪の日 西谷峠

画像

12 5.4  武雄温泉~永尾

西谷峠に来る頃には予報通り青空が広がり始め、一同、意気盛んになります。着いてみると、ツツジや新緑が頃合いです。先日までの雨で汚れも落ちて、より鮮やかです。
折しも、白415系が懐メロに(笑)なり始めているモーター音を響かせます。

画像


この天候、ロケーションだとハイパー「でも」(笑)、写欲が湧いてきます。なかなかな姿態です、この形式・このデザイン・この塗色で良かったです。(笑)

陶器市臨の折り返しの間を利用して、遅めの昼食を取ります。小山の斜面で線路眺めながら食せば、コンビニおにぎりも美味なるかな、です。

画像


定期特急が軽やかに登っていきます。若葉、ホトトギス、やっと本来の陶器市晴になりました。お客様を迎えて一安心です。
「目に若葉 山ホイッスル 陶器市」
退職したら、鉄道俳句紀行だ。(笑)

画像

画像


折り返しの陶器市臨タイムが始まりました。後撃ちではありますが、ロケーションの良さで気になりません。
こうなると、本日の締めは、アソコ、にすることにします。

この記事へのコメント

伊万里保線区
2012年05月13日 22:38
こんばんは
しまった~!と指を咥えて拝見しております(笑)小山の斜面からの絵もです!
小山の斜面は神社辺りですかね。
来年こそ行って見ます(笑)
門ハイ(管理人)
2012年05月13日 22:43
こんばんは。私も久しぶりに訪れて、ロケーションの変化に嬉しい悲鳴でした。
第2架道橋の道路反対側(奥)です。10年もすれば、桜の木が線路を遮りそうです。
合言葉は、「目に若葉 山ホイッスル 陶器市」(笑)
直通特急
2012年05月14日 20:42
こんばんわ!
783系・813系とも正面の赤は反対色の
新緑ととてもよく合います。
九州へくるたびそう感じます。
485の「赤いみどり」がいればなおいい
のですが・・・。
門ハイ(管理人)
2012年05月14日 22:21
そうなんです、どぎつい赤色先頭車両も新緑の季節は輝いています。松浦鉄道の新色車両も同様です。そして、紅葉の秋には「みどり」側が映えるのでした...。
と、気づかなかった地元鉄人は指摘頂いて今さらながら思うのでした。(笑)
2012年05月15日 00:27
色的には赤が新緑に映えますが、やはり国鉄型415系が一番格好いいですね。
門ハイ(管理人)
2012年05月15日 19:51
今見れば、武骨な国鉄型ですが、日本の風景に合うのは、色だけでなくデザインも同じです。まだ、国鉄の光景を見ることができる佐世保線に感謝です。

この記事へのトラックバック