門鉄 早岐客貨車区

アクセスカウンタ

zoom RSS 陶器市の4日は師匠来訪の日 三河内

<<   作成日時 : 2012/05/14 19:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

12 5.4 有田〜三河内

西谷峠から20分もかかることなく三河内カーブに着きます。そこそこ有名過ぎて、ご案内していなかったらしく、初訪問では無いものの天候に恵まれたのは幸いで、一同盛り上がります。若鉄氏も、コンデジに苦戦しながらも、アングルに工夫を凝らされている模様で、一安心です。

画像


にちりん編成というか、「素」のハイパー編成が築堤を登っていきます。この界隈では新鮮に見える編成です。ハイパー783系も、まもなく登場してから25年。あと5年もすると、「そろそろ」が噂され始めることでしょうか?

画像


上有田から早岐までの片道運用で、白415系が下ってきます。この後、早岐で陶器市号に変身します。この場所で2回も撮影できそうで、お得な運用です。

場所良し、車両多し、天気良し、で昼が下がっていきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ハイパー登場時は「・・・」な感じでした
が「つばめ」運用時のプチリニューアルで
とても見栄えが良くなりました。
この車両半室の定員たしか32名だったよう
な。
今後文部科学省が初等〜後期中等教育課程
での学級定員30名以下を義務づけるならば
修学旅行集約臨専用車として多いに活躍す
るのではないでしょうか?
本州各方面から新幹線でやってきた団体を
小倉・博多で待ち受け、九州各地を回るの
です。非電化区間は電源車を増結してDE10
が牽引するというのはどうでしょう。
ハイパー有明はこの方式で水前寺まで乗り
入れておりました。
直通特急
2012/05/14 20:53
こんばんは。
今思えば、ハイパーは、まだまだ「国鉄」の香のするデザインでしたが、車両中央に出入り口を置く発想は今でも新鮮ですね。室内も程よい囲まれ感というか、広すぎず狭すぎずで、イイ空間ですね。
集約臨のアイディア、なるほどです。半室に1クラス入るので、2両もあれば1学校は余裕で収まりそうですね。
サハ783 200番台だったら元カフェテリアのスペースを利用して、はしゃぎ過ぎのお子様にお説教もできそうです。(笑)
門ハイ(管理人)
2012/05/14 22:18
数年前にあるサイトを拝見してから「行きたいな!」と思っていた撮影地でしたので、三河内カーブで撮影出来てよかったです。いつか、一眼でこの地を攻めてみたいと思います(笑)
ちなみにあるサイトは、調べてみるとなんと…管理人様のサイトでしたf(^-^;
つか
2012/05/15 00:03
こんばんは。処女地(*^_^*)にお連れすることができて何よりでした。目が輝いていたのは、そういうわけだったのですね。普段は車両種が少なく地味な撮影地ですが、陶器市は新緑と共に撮影の好機会です。

ご覧頂きありがとうございます。お会いしてネットで繋がる嬉しさを感じます。また遊びに来てください〜♪
門ハイ(管理人)
2012/05/15 19:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
陶器市の4日は師匠来訪の日 三河内 門鉄 早岐客貨車区/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる