新年へ期待しての年末感謝

今年もお世話になり(気持ち玉&コメント&その他)ありがとうございました。 コロナ禍2年目は、少し光明が見えた気がする1年でした。 今年に続き、来年も長崎の鉄道の節目の年。 西九州に、フル規格新幹線は必要ありませんが、新しい鉄道開通の視点から楽しみたいです。
コメント:2

続きを読むread more

クリスマスの星撮り 新鮮俯瞰

21 12.25 三間坂 峠登りで一憩する機関車を拝みます、三間坂の長停車に感謝するのも、停車の側面を見て、昭和の電機を偲ぶのも、ルーティン化されています。(笑) 77 3.25 瀬野 もちろん、星の方が上品な色合いです。 上有田~三間坂 で、今回は新アングルからの俯瞰撮り。 交通…
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスの星撮り 峠登り

21 12.25 永尾 いろいろあった2021年も、クリスマスとともに年末感が訪れるのは例年のことです。先週は、二日酔い(およそ2年ぶりの忘年会、と言うか職場飲み会)で動けなかったので、今年最後の星撮りです。 望遠・峠撮り、が、マイブームなので、冷え込む駅に着いて、コレで肩慣らし。 来年は、白いヤツも往来してい…
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 大晦日撮り

01 12.31 日宇~大塔 29、30日を家族仕業に勤しんでの撮り納め、意外に大晦日はゆっくりできるモノです。キハ58と筑豊から転入直後のキハ66が、混在する最初で最後の年末でした。 彼杵 九州色同士の交換も、初々しかったです。 運行3年目の大村線特急、陰りが出始めた頃でした。 大塔 …
コメント:0

続きを読むread more

初冬の星撮り 有田着発

21 12.11 有田ダム 有田の着発で、2度撮りしようと向かったら、早く着いたので、ココで時間調整します。有田の街を潤す水がめ、紅葉には間に合いませんでした。 上有田~有田 イイ場所を見つけて、俯瞰撮り。5分間の停車を利用して移動します。武雄温泉の着発、三間坂の着発、有田の着発、5回前後の撮影チャンスがある土…
コメント:0

続きを読むread more

初冬の星撮り 西谷峠登り

21 12.11 武雄温泉~永尾 中佐世保駅で秘境感を味わってから、1時間弱で峠の入り口に着きます。定時の星の出です。 大昔はSLが、次にDL、ELが駆け上がって来た場所を、DLだけれど電気で登る21世紀機関車がやって来ます。 車で登る分には何てこと無い坂道ですが、電化された今も速度が落ちるようで、…
コメント:0

続きを読むread more

初冬の秘境駅

21 12.11 松浦鉄道 中佐世保 繁華街の秘境駅、星撮り前に立ち寄ります。 佐世保中央駅方面 北佐世保駅方面 1961年に開業して、10年間ほど有人駅だったそうで(記憶有り)、3セク化後、繁華街の中に佐世保中央駅が新設されてからの凋落ぶりは凄いです。でも、かつての国鉄赤字ローカル線を偲ぶには適した…
コメント:0

続きを読むread more

2021回顧 暑い秋口

21 9.26  南風崎~小串郷 星が復活する頃には、秋らしさが出るかと思いきや、30℃の暑さが続き、嬉しかったです。(笑) 21 10.1 千綿 もしかしたら、キハ66の撤退以上に盛り上がってたかもしれない、肥薩線3列車による合同団臨でした。それにしても、ニュースなどで知る肥薩線、命運尽きたようで、残念至極。…
コメント:0

続きを読むread more

2021回顧 盛夏

21 7.17 武雄温泉~永尾 「さよなら」から2週間過ぎると、コノ機関車が星を牽引する事態となり、(地味な佐世保線では)盛上がりました。 南風崎~小串郷 それにしても撮影者の多さに意外感を持っていると、コノ運行から2ヶ月間の運休になることを知り、(少し)愕然としました。(笑) 21 7.30 厳木…
コメント:0

続きを読むread more

2021回顧 初夏

21 5.8  南風崎~小串郷 連休過ぎると、週末には他県ナンバーの車(レンタカーも)が増えだして、「さよなら」のカウントダウンが始まりました。 21 5.17 肥前浜 気分が高まらず、と言うよりも、あまりにも日常的だった車両がいなくなるのは、そうなってから実感しそうな気がしていました。さよならSLと同じでしょ…
コメント:0

続きを読むread more

2021回顧 晩春

21 3.27 恵良~引治 キハ200が転出すると、キハ66の「さよなら」まで3ヶ月余り。でも、特に気が急くこともなく、お出かけ撮りに精を出しました。 21 5.1 筑後吉井 久大本線は、これからの「お馴染み」になりそうです。 21 3.30  南風崎~小串郷 21 4.10 三間坂~上有田…
コメント:0

続きを読むread more

2021回顧 初春

20 1.22 南風崎 いろいろな世情があるのは年々歳々だけれど、地元の鉄道は数十年に1度の変化の始まりの年でした。 21 1.31  21 3.13  南風崎~小串郷 3月のキハ200撤退とキハ66の引退を混同したまま、1年が始まりました。 21 2.20 コノ頃には、キハ200の転…
コメント:0

続きを読むread more

初冬の星撮り

21 12.4 高橋 師走入りすると、年末年始の酒(日本酒)が頭の中に出始める(笑)ので、買い出しです、そして、星撮りです。自宅から県境の有田まで30分足らず、でも、酒屋の陳列酒は一変して、日本酒の品揃えに雲泥の差が出るのです。 佐世保線の複線工事の西側末端、高橋駅も目に見える形で工事が進捗していて、来年の年末に…
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 クリスマスの旅立ち

11 12.25 佐々 来る者あれば去る者あり、旧型車両とのお別れでした。 開業当初の車両が減るのは、鉄道車両とは言え淋しい気分でした。 「靴」を履き替えて、トラックのお世話になり、(たしか)博多の港から船出した記憶。 熱帯の国に引き取られ、元気な姿をネットで見ていましたが、お…
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 冬の夜祭

11 12.10 有田~三河内 2006年度から始まった、車両の置き換え回送も終末期を迎えていて、6年目の頃には冬の風物詩と化していました。 早岐 昼間の回送を撮って、いったん帰宅して暖まり(回送の日は寒波に見舞われることが多かった)、早岐から「夜祭」が始まるのでした。 貨物機の塗装でしたが、何と…
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの肥前大浦撮り

85 Aug 多良~肥前大浦 休日仕事帰りは、惜別気分で「有明線」を北上します。列車のタイミングと合ったので、数十年ぶり(笑)のポイントで構えます。 21 11.29 通過3分前に、近くの海事工事のオジサンと談笑していたので、ビデオスイッチが間に合いませんでした。(笑) 肥前七浦 いつもとは異な…
コメント:0

続きを読むread more

島原半島の付け根で、鉄道撮り

21 11.29 休日仕事で、コノ界隈を訪れたので、休憩時間を利用して「島鉄」撮りしました。 コノ界隈、南側に断層とそれに関した地形、北は多良岳が位置し、駅名が表するような場所です。近年、開閉門で話題となっている国営干拓地も近くです。 休憩に合わせるかのように、時間あたり2本の列車が来るので…
コメント:0

続きを読むread more

晩秋ななつ星

21 11.27  南風崎~小串郷 午前の墓掃除で、コレと似た光景を見てオグハエ気分になったので、久しぶりの星観察です。 16時台の上下列車も久しぶり、夕陽の角度が、そろそろ年末風情です。海洋性気候の佐世保なので、他地域とは冷え込みや紅葉も「和(やわ)」ですが、晩秋感を味わいます。 日照時間や太陽高度は…
コメント:0

続きを読むread more

家族仕業の日曜ちょい鉄

21 11.21 皆瀬 冴えない天気の昼前、中里駅で交換する列車を、次駅で狙います。 好天だった昨日から、一転して予報通りの天気の崩れ。列車に因はないものの、画像も気持ちも晴れません。 中里で交換した下りがやって来ます、手前のスペースは、かつての炭鉱線の跡。 そう言えば、明日の月曜日は…
コメント:0

続きを読むread more