年始の旅2020 吉ヶ原の踏切

200105humikiri01.jpg
20 1.5 

黄福柵原から折り返す列車を狙うべく、懐かしい踏切小屋へ向かいます。ノスタルジーで復元したのでは無くて、保存のために維持した感じのする踏切小屋または詰め所です、旧佐世保駅の潮見踏切にもありました。

200105humikiri02.jpg

200105humikiri0203.jpg

あの頃は子ども(鉄道好き)だったせいか、怖そうな(に見える)踏切掛でしたが、令和の掛員は生真面目真剣に操作をします。保存に関わる方々の本気度がコノ保存鉄道の真骨頂なのだと思います。

動画 → https://youtu.be/QMlKeSe8dGI

200105humikiri03.jpg

列車の通過、500m弱の保存路線でも沸き立つ感じはホンモノです。

200105humikiri04.jpg

コノ鉄道の現役を見ていない私には、コノ風景が終着のように見えます。

200105humikiri05.jpg

「終着」の駅ではキハ07の試運転時刻となり、少し慌ただしくなりました。


"年始の旅2020 吉ヶ原の踏切" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント