20年前あの頃 盛期の有田陶器市 晴天の三河内駅撮り

00 5.3  三河内~有田 連休後半は、予報通りの晴天スタート。気を良くして、下り便を西有田信号所で、帰り便を三河内駅で撮る事にしました。 夫婦石 午前便を撮り終え、松浦鉄道の駅で昼休みを取って撮って、 三河内 コノ回送に間に合うように向かいました。 最初に下って最初に帰る、電化…
コメント:0

続きを読むread more

吉井の残桜とレトロン号

20 4.12 潜竜ヶ滝~吉井 今年の佐世保市桜は伊万里市より1週間遅い開花だったので、もう1週遅く撮る事ができました。コノ地は散り桜、風が強いのでなかなかです。 列車が来る時に散らないのはお約束です。(笑) 吉井駅で交換した上りを撮って数年ぶりのアノ地へ向かいます。 *2枚目画像の真上に…
コメント:2

続きを読むread more

20年前あの頃 盛期の有田陶器 雨中の団臨12系

00 4.30 有田~三河内 コノ天候では撮影地にも人影無し、駐めた車中から撮影します。 コノ時は最後の運行年と知らなかったので、適当にカメラを回した記憶です。 動画(雨中の団臨12系) → https://youtu.be/OQ1g-HsJrj0 GWの後半は快晴、3日連続の出撃でした~♪ …
コメント:2

続きを読むread more

20年前あの頃 盛期の有田陶器 雨中のキハ58

00 4.30  三河内~有田 雨中でもエンジン音を響かせて、長崎からのキハ58がやって来ます。 下り特急と交換して出て行くと、485系の臨時特急が通過します。 続いてコレ、デビュー間もないので485系より新鮮でした。 2番目の快速陶器市がやって来て、 上り特急と交換して…
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 盛期の有田陶器市 午後の三河内駅撮り

00 4.29 早岐駅での車両の入れ替えを見た後は、コノ地で帰り便を見送ります。 と、その前に最終の臨時便「有田陶器市号」がやって来ます、帰り便の出庫で空きができた早岐に滑り込むのです。 最終団臨も駆け込んできます、コレは北九州からの便だった記憶です。 来るのも帰るのも最初の「陶器市号…
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 盛期の有田陶器市 早岐の稗田踏切

00 4.29 有田~三河内 春の改正で車両が様変わりしても変わらずに運行されたので、この先も続くかと思われた12系八代団臨はコノ年が最後でした。 動画 → https://www.youtube.com/watch?v=r2cQ8nCuwr4 早岐 午前の下りが一段落すると、コノ地へ行って午後からの帰り…
コメント:2

続きを読むread more

2020年 吉井桜

20 4.4 潜竜ヶ滝~吉井 お昼に訪れた南風崎駅が中途半端な開花だったので、夕方にココに来ました。 思った感じの開花、日頃は撮影に煩い存在の道路橋梁も、コノ時は俯瞰撮りに役立ちます。 吉井交換の平戸方面行きを見送り、吉井駅へ向かいます。 コロナ禍ではあるモノの(コノ日の2日後に緊急事…
コメント:0

続きを読むread more

新装(笑) 南風崎駅

20 4.4  南風崎~小串郷 南風崎駅のホーム工事が完成したようなので、桜見物かたがた訪れました。 ダイヤ改正に合わせるかのように雰囲気が変わっていました。工事は2カ所で、下りホームは佐世保寄り上りホームは川棚寄りが改築されています。 上りホーム。奥が川棚方です。 下りホームの佐世…
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 盛期の有田陶器市 西有田信号所

00 4.29 有田~三河内 著名人の不幸や各地の行事の中止でコロナ禍を実感していたら、有田陶器市の中止に愕然とします。(博多祇園山笠も) と、記していたら、武雄の感染が有田に波及したそうで心配。 「自粛」下のGW、過去画像・動画で気晴らしします。 コノ年は、ビデオカメラ買い換えた・485系→783系になった…
コメント:2

続きを読むread more

4月の津山線~播但線

20 4.4 コロナ禍というのに18切符消化でタイトルの旅。 実際は車内はガラガラで、車外の桜下が少しの人手だったそうです。 車両たちも持て余し気味、でも減便すれば「密」が増えるのが難しい所。日本西端の地方都市は、中心部の夜に減った感を思うのみで、あまり変化は感じません。 …
コメント:0

続きを読むread more

三江線 その後の石見川本

20 3.28 三江線の主要駅、廃線後2年間経過しても現役感があるのは手入れが行き届いているからなのでしょうか。 廃線には地元の反対は小さかったと聞いていますが、廃線後に地域のシンボル的集会所として使われているのでしょうか。そうだとすると、廃線ローカル線の新しいあり方かも知れません。 周知をした上で…
コメント:0

続きを読むread more

三江線 その後

20 3.28 廃線から2年経過した三江線を、支局員が訪れました。 1枚目の秘境駅と言い、地域の光景と言い、現役感にあふれています。(笑) 駅によっては変化があって、オブジェか装飾かと思い近づくと、 蜂の巣の残骸のようでした、(笑) 氷雨降る当駅、天候のせいかココも現役感…
コメント:0

続きを読むread more

残桜 蔵宿~金武

20 3.31 蔵宿 桜が咲いているせいか、静々とやって来ます。季節や天候で印象が変わるのは撮り鉄も乗り鉄も変わりません、ローカル鉄道の楽しみです。 30分もすれば、コレが有田から折り返して来て夫婦石で交換するので移動します。地方の30分なんて、あっと言う間なのです。(笑) 金武~夫婦石 前から気…
コメント:0

続きを読むread more

残桜 蔵宿

20 3.31  年度末の業務整理が終わったので、途中から一息付けに出撃します。 3日前に来た時とは異なる趣、桜は咲き始めてからの変化は早い気がします。 まもなく伊万里行きがやって来ます。 小さな花吹雪がある中を出て行きました。 夫婦石交換の有田行きを待ちます。 …
コメント:0

続きを読むread more

2020春 金武の桜

20 Mar 川東~金武 待つ事も無く有田行きがやって来ます、コレは次駅の夫婦石で伊万里行きと交換するのです。 踏切から100m足らずを小走っても、余裕で発車に間に合います。 昼下がりになれば光線の条件も良くなりそうですが、コノ時間帯は半逆光で見送ります。 夫婦石で交換した伊万里行きは…
コメント:0

続きを読むread more

2020春 有田伊万里

20 Mar 蔵宿 松浦市界隈を回っていたら、佐賀県側の開花が早い気がしました。 そこで、有田~伊万里の桜撮り。 蔵宿交換の時間帯でした。朱色塗装は各季節に映えますが、桜には最も映えます。 午後になると陽が回るのですが、正午前の半逆光は仕方が無いけれど、桜で救われます。 やや…
コメント:0

続きを読むread more

2020春 古レールと虎の子

20 Mar 松浦 暖冬のわりには長崎の桜の開花は遅く、東京が早く開花したら降雪したり、何かがおかしいコロナ禍の日本です。 このような時は「温故知新」で、御年117歳の古レールを見つめます。 まもなく伊万里方面の着発、跨線橋というよりも連絡通路と言った趣の橋上で構えます。 うら…
コメント:0

続きを読むread more

2020春 筑肥線 魔界と桃源郷

20 Mar 肥前長野~大川野 片道で3時間、折り返しを含めても1時間半に1本の末端筑肥線、唐津線との掛け持ちが必須です。 コノ2枚は唐津線ワープ前の下り列車。コレが伊万里からリターンして来る間に唐津線で撮って、そして再度の筑肥線です。 佐里~駒鳴 いつもと異なる場所を探そうと、山寄りの小道に入っ…
コメント:0

続きを読むread more

2020春 唐津線

20 Mar 本牟田部~相知 コロナ禍が広まった3月、人(ひと)気の少ない沿線で細々と気分転換撮りです。 筑肥線の伊万里行き撮って折り返しが来るまで相知ワープすると、タイミング良く佐賀行きと出会います。と言う事は、厳木で交換した下りが来るので移動、効率良いです。 いつもの場所ですが、今回は線…
コメント:0

続きを読むread more