テーマ:鉄道

やっぱり、日曜の昼下がり鉄

22 7.31 蔵宿 星の周回が途絶えてから、タイトルの撮影が増えて、やはり淋しいのだろうと思います。(笑) でも、有田界隈では地元高校の甲子園出場で盛り上がっています。有田に隣接する佐世保市民も。長崎市にある出場校より、コチラに親近感を覚えます。 有田~三河内 で、ココで佐世保線特急撮り。 根本的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ロハ」で行く筑紫の旅 ゲリラ豪雨とネトカフェとビール

22 7.28 三国が丘 満足して博物館を出たモノの、駅に着くまでに流汗淋漓。新興住宅地の往来は、照り返しが「激」でした。 二日市 途中下車しながらの駅撮り、ココまで来ると賑やか、大手私鉄らしくなります。 コノ並びを見ると、右の車両が旧型になったことを実感します。コノ系列は、中学生の頃の駆け出し鉄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ロハ」で行く筑紫の旅 邪馬台国の里

22 7.28 佐世保 例年、コノ時期に取得することが多い振替休日。今年も、猛暑日になりそうな予感の下、出かけました。 鳥栖 8時台の787系「みどり」に揺られて、9連勤の疲れを慰労します。90%くらいのロングレール化率で、高橋~大町の新設複線には感激しました。長崎に「新幹線」が走るのも凄いけれど、佐世保線に複…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜の昼下がり撮り

22 7.17  松浦 気分不良でググると、熱中症、夏バテ、夏季うつ、などがヒットして、星の周回が途絶えたのが因なのかな、と思いつつ、気分転換にちょい鉄です。 松浦駅に寄ったら、タイミング良く上下列車の着発5分前、さらに、同色車両の交換で気分が上がります、私の気落ちなんてコノ程度です。(笑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

22年前に24年前を偲ぶ

00 Aug 下関 馬齢を重ねるとイイ事もあって、過去の撮影地を訪れて今と対比させて偲ぶ、という我が国古来の「もののあはれ」鉄を味わえるのです。 00 Aug 幡生~新下関 で、タイトル通りに「偲び」ます。 76 8.10 00 Aug  都落ちした車両が集まってくるのは、古今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世紀末新幹線 全部盛り JR新幹線

00 Aug 新下関 JR10thに合わせるかのようにデビューした、コノ型式。わかりやすいデザインとダントツの性能は、今でもスーパースターです。初めて乗った時に、加速感と台車性能に、文字通り背中がムズりました。「こだま」運用でも、加速感は変わりません。 8両化されたり、キャラクター化されたりしても、輝く500系で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世紀末新幹線 全部盛り New Shinkansen

00 Aug 新下関 JR化を予測したようなタイミングで誕生した、コノSeries、開業以来のモデルチェンジと2階建てということもあって鮮烈でした。 新婚旅行で2階席を予約したのに、佐世保「みどり」の遅延で乗り逃したのが悔やまれます。 乗ることが叶わなかった分、私にとってはBESTな系列です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世紀末新幹線 下関撮り

00 Aug  新下関 20世紀最後の夏、思い立って新幹線撮りに向かいました。 5種類の車両型式が走っていた末期で、見納め撮影でした。あいにくの曇天だったので、動画のみの撮影でした。 まだまだ現役感・原形感が残っていた0系、ほとんどが「こだま」運用でした。 両端車両に大窓車が残っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国鉄末期感の上伊万里駅

22 7.9 駒鳴 伊万里から、列車が戻って来るまで、コノ界隈をうろついて時間調整します。 頭頂近くの太陽、稲の緑が目立ち始めた田、井戸水の冷たさ、夏を味わいます~♪ あ、井戸水はウソです。(笑) 上伊万里 20分足らずで、コノ駅に着きます。奇しくも、列車の所要時間と同じでした。 ググると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月9日で、盛夏撮り

22 7.9  肥前長野 衝撃的な事件の翌朝、思い立ってコノ地に向かいました。 梅雨明けしてから2週間弱、夏空と台風崩れの天候を繰り返していたけれど、そろそろ夏空が復活しそうで嬉しいです。(笑) 古い駅舎で佇んでいると、事件の影響なのか、「時代」や「栄枯盛衰」などを思ったりして、「もののあはれ」鉄に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は初撮りの江迎鹿町駅

22 7.3 土曜の星の出が消えてから、土曜は自宅静養、日曜昼下がりちょい鉄傾向になったようで、コノ週も昼下がり出撃。 初撮りの駅で、ホームに上がる瞬間は、未乗線の乗り出しと似た感興になります。 国鉄時代の記憶はあるので(かつては中心だったが、今は廃れ)、その名残を少し覚えました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨明け千綿の夕景撮り

22 7.2 夏至の1週間後に梅雨明けしたので、夕陽が19:30に沈みます。毎年のことながら、日本の西端の住民も、ちょっと驚きます、20時過ぎまで空が明るいです。 用事で大村まで出かけ、市内で夕飯を食べて千綿駅に寄ると、19:35頃に下りが通過するので構えます。 ホームに上がると、なかなかの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の紫陽花駅

22 6.26  蔵宿 6月末は、梅雨の隆盛期の始まりです。中休みのような晴れ間が出たので、紫陽花を愛でて「惣菜工事」を覗おうと、昼下がりに出撃しました。 相変わらずの趣を持つ、大正駅舎から、夏至の曇天陽光を眺めます。 コノ右側が、3月から工事中の部屋です。 中が見えるので、ガラス越しに撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 おけいはんに恋をして

12 Jul 中書島 梅雨末期に訪れた京都で、彼女に恋をしました。 南海、近鉄、阪急、要するにプロ野球を経営していた電鉄のみに目を向けていた、西九州の鄙人には、「おけいはん」のスマートさは驚きでした、一目惚れでした。 沿線も、途中下車してみたくなる雰囲気で、意味も無く、関東の東急なイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏至前の「さよなら」ななつ星 鈴田峠でお見送り

22 6.18  肥前竜王 肥前山口で星を見送って、ココで昼食&特急撮り。 夏至3日前の梅雨の晴れ間、車の車外温度計は33℃、炎暑の中を白黒特急が、かっ飛ばして行きます。 動画 → https://youtu.be/9YOqgTy6asA 長崎コース最終日の星観察は、鈴田峠でしめようと、444号を利用して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏至前の「さよなら」ななつ星

22 6.18 いつもは、コノ駅以西で構えているので、着発時間にタイムラグを感じます。このようなSpecial列車が来ると、あの頃はSpecialだった列車を思い出します。 99 Aug 97 6.21 「肥前山口」と言えば、コレに尽きる、のは幸福な事なのかも知れません。 と、懐古してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏至前の「さよなら」肥前山口

22 6.18 およそ8年続いた、ななつ星の西九州ルートが最終日なので、「江北駅」化する前の当駅で絡め取りしました。 97 6.28 同じ事を考えているのか、同業者がチラホラします。 肥前山口 → 江北、は他所者には、「旅情が ...、思い出が ...」と思いますが、当時の国鉄ルールで字名に旧国名を付け足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝 電化開業46th

76 9.19 肥前山口~牛津 県南地域が、非電化元年になるなんて、想像もつかないコノ頃でした。 秋からは、武雄に「白かもめ白みどり」「ふたつ星」が複線区間を行き交い、毎月曜には36が、冬には変則「ななつ星」も往来する、楽しみがやって来ます~♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

15年前あの頃 梅雨下の移動鉄

07 7.1 蔵宿 勤め人あるある、の不本意な転勤と無能上司、に悩まされていたコノ頃、天気同様にウジっていました。 コノ日は、「かもめ」70thとかで、長崎線界隈が賑わっていたそうですが無視して、ローカルな雰囲気で心を癒やしました。 大川野 2ヶ月前に見つけた癒やしの駅を再訪します。 駅舎は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薄暮の寄り道鉄

17 7.4 吉井 夏至前後の西九州は、20時まで明るいので、寄り道したくなります。独立記念日で、何かと騒がしい佐世保市内を避けて、山間の小駅を訪れます。 梅雨入りしてから1ヶ月近く、眩しい陽光を浴びていないのに鮮やかな緑が、艶っぽいです。犯罪心理学(と言うほどの難しい内容では無かったけれど)の本で、6月の長い日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨入り、曇天、薄暮

06 6.16 肥前長野 夕陽は出なくても、20時近くまで空が白んでいる、東経130度の夏至近日。 コノ路線も、今よりは賑わっていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 早岐駅舎の変わり始め

12 6.29 佐世保 仕事つながりの飲み会で、早岐へ向かいます。市内であっても、鉄道を利用すると旅行気分になるのが不思議です。 早岐 着いたら、運良くコノ並び。まだまだ、昭和が残る早岐駅でした。 跨線橋を渡って、改札口へ向かっても、昭和国鉄、中高生のあの頃鉄、などを思い出し、飲む前から酔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南風崎の田植え撮り

22 6.4 小串郷~南風崎 夕方に出向いてみると、コノ地も田植えの始まり。 星の出前の3つの列車で、アングルを探します。 動画 → https://youtu.be/E3qynYDuzUA ほぼ、17時ちょうどにやって来ました。 単焦点480㎜の画角は、自己満指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星を見て、田を眺める週末撮り

22 6.4 武雄温泉~永尾 毎週末、同じ行動を繰り返しているのがわかっていても繰り返す、星観察。10月から周回コースが変わるので、名残惜しいのかと思います。 とは思うモノの、心は飽きているのか、デジイチ出すのが億劫でビデオ撮りで済ませます。 動画 → https://youtu.be/NMuIOWE1f6g …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕方の星観察は、場所を変えて

22 5.28 小串郷~川棚 直前に山から下りて間に合わせるつもりが、「3連」に惹かれて、16時台前半に構えました。 南風崎~小串郷 通常の2連の中にあるから目立つ、3連撮り。非日常、希少に吸い寄せられるのが、コノ趣味の特性です。(笑) ハウステンボス駅 星観察の帰り道に、10年近く、「ココで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨入り前の星観察 三間坂界隈

22 5.28 三間坂 二度寝して、空を見て、ゆっくりと覚醒して(コーヒーで(笑))、相も変わらずの観察地へ出向きます。 横着して、デジイチを用いずにスマホ撮り。駅停車の速度だと、スマホの4Kでも動画の中から、そこそこの静止画画が収穫できます。 動画 → https://youtu.be/5TDTR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 有名撮影地撮り

02 6.2 幡生~新下関 トワイライトの返却機関車(単機)があるので、伝統の撮影地で待ち構えます。 原色のEF65が来ると、国鉄時代に、それも山陽本線の黄金時代に訪れたかったと、シミジミします。 色モノ列車も通過します~♪ 専用機であっても、単回は拍子抜けする感じで通過して行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 下関ブルトレ撮り

02 6.2 新下関~長府 「富士」を先行した「さくら・はやぶさ」、機関車の不具合が遅れの原因だったと記憶しています。どのようにして情報を得たのかは、忘れました~♪で、待望のHM付きの「富士」の御来航です。機関車のスロー速度で、不具合を実感しました。 そして、下関「あさかぜ」。博多「あさかぜ」の後塵を拝していた列車で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more