テーマ:筑肥線

10年前あの頃 思い出の大川野

07 5.20 もう何度か弊ブログで駄文したためた事ですが、10年前に「出会った」大川野駅です。 まあ誰にでもある仕事上の転機の時期で、気分がまとまらない時だったからコノ駅の雰囲気が「沁み」たのかもしれません。 旧ホームで食べたアイスと流れて聞こえて来た某公営放送「のど自慢~♪」、の瞬間は永遠です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三連休最終日 身近だった筑肥電車線

16 10.10  筑前深江~一貴山 折り返してくる1往復限定の乗り入れ。実った稲との対比が不思議です。 続いて、303系。 この前のデビューと思っていたら、もう17年が経過...、と同じ感慨を繰り返しているのがコワいです。(笑) 角張って、ドカッとしたシルエットは好みです~♪ 最後…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三連休最終日 筑肥線で全部盛り

16 10.10  筑前深江~一貴山 303系とか言う、JR九州の近郊型車両の登場です。遠目では交流の817系3000番台との差異はわかりませんが、見た目良し、車内イマイチ、は同じのようです。(笑) 続いて、乗り入れてくる福岡市営地下鉄。休日の1本だけが、コノ時間帯に(お昼過ぎ)乗り入れるそうで、コノ日はコレ目当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の三連休は遠出鉄

16 10.10  浜崎 起きたら晴天の三連休最終日。 それまでの休みを無為に過ごしていたので、お出かけ鉄(=県外)しようと、伊万里へ向かいます。 向かっていると、唐津まで行こうかな、西九州道路(無料区間!)に乗ると、どうせなら福岡県入り!、等と盛り上がり(笑)、まずはコノ駅で撮り始めます。専用道路はコワいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休日筑肥線 全部盛り

16 10.10  浜崎 別に意気込んで出かけたわけで無いのに、コノ界隈に来てしまう。 一貴山~筑前深江 すると、わずか40分足らずで筑肥線の役者全員がお目見えするのでした~♪ 詳細は、後日、たぶん。(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋風吹けば筑肥線

12 8.25  大川野 8月も終わりにさしかかる頃、コノ界隈を訪れたくなるのも例年の事で、私的なルーチン・ライフなのです、特に意味はありません。 肥前長野 盛夏が過ぎて盆を終えると、こういう鄙びたと言うか退廃的な趣を味わいたくなるのは、もしかしたら潜在意識に何らかの関わりがあるのかもしれませんが、まあ、気分な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

10年前あの頃 梅雨入り撮り

06 6.16  肥前長野 桜撮り~陶器市撮り~新緑撮り、水鏡撮り、と続いていると梅雨に入り、曇天で気持ちも愚図ります。 この時は、晴鉄できず梅雨に滅入る気持ちを変えようと、使いこなせないボケボケレンズを持ち出して、梅雨の黄昏をボケで描写!、と気合い入れたのですが、相変わらずの撃沈でした。 この後の、「餃子…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

師走入り...

08 12.27  上伊万里 08 12.7  小浦~佐々 山は暮れて野は黄昏(たそがれ)の薄(すすき)かな  蕪村 冬到来(泣)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相知からコノ駅

15 8.23  肥前長野 大川野→西相知→駒鳴、と巡礼したら最後の聖地はココになるのです。 お世話になっているブログで、健在ぶりや復活気味である事が伝えられていましたが、久しぶりの訪問で実感したいと思います。 ! 以前は、昭和テイストの手押し車が放置されていたり、沈み込むソファーがあった空間がこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相知からの流れてアノ駅コノ駅

15 8.23  駒鳴 アノ駅の駒鳴です。 西相知を出ると、昼飯後もあって快調に飛ばします。松浦川沿いの山道を登っていくと、林道に入ります。ドコに出るんだろうのワクワク感で進んで行くと、県道32号に出て、259号線~相知に出ます。日ノ高地山を周回したのでした。 帰路で駒鳴に来ると、まもなく列車が着発するよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩夏の大川野

15 8.23 約2時間50分ぶりの伊万里行が着発します。かつての国鉄ローカル線は、本数を減らす分、車両数を増やして輸送人員は同じの論理で破滅しましたが、ココはまずまずの乗客数です。本日が夏休み日曜であることは割り引かなくてはなりませんが。 伊万里に着いてリターンして来るのが13:39。昼休みと言うよりも、南欧の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筑肥線大川野駅で旅気分

15 8.23 「発見」して7年が経つコノ駅、いつもながら気が休まります。 昭和オジさんの思い込みですが、この風景を見ると北海道の、ソレも北部の日本海側や山間部の路線を思ってしまいます。宮脇俊三の著書のどこかに引っかかるところがあるのでしょうか。 列車本数が激減したサービス低下を補う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の夏、スマホの夏

駒鳴 駒鳴 肥前長野 南風崎 今夏はスマホ三昧でした。(今ごろ、やっと、ようやく、etc) タイトルに懐かしさを覚える方は、昭和です。(笑)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本日、北部九州梅雨明け!

09 8.4  駒鳴 気象情報のサイトによると、平年値より9日も遅い梅雨明けだったそうで、ついでに、史上最遅は09年8月4日で、画像の如く私は筑肥線に遠征していたのでした。 浜崎 この日も、本日(2015 7.29)と同じく、霧が山にかかり冴えない天気でした。新車のスクーターに気を良くして、103系を見にと言う…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

昭和踏切で春満喫

15 Feb  伊万里~上伊万里 カレンダーが変わっただけで、浮かれて春気分になり、伊万里へ小旅行です、1時間くらいの滞在だけれど。(笑) 画像の180度側は「再開発」と言う名のマンション・ビジネスホテル建設、こちら側は及んでいない区画、どちらが良いかはお好みですが、私はコチラです。 7時から16時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立春気分で伊万里散歩

15 Feb  山谷~夫婦石 2月に入っただけで、浮き足立ちます。陽光も急に輝いているように見えます。安くなったガソリンを給油したら、遠出したくなって「県外」へ向かいます。 9時台の夫婦石で上下を狙おうと車を走らせます。途中に「車消毒」の看板を見て緊張しますが、「畜産輸送車」の表示に安堵します。終息宣言が早く出る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大川野慕情

07 7.1 大川野駅のホームが簡素化されたそうで、返す返すも残念無念です。 最初の訪れたのは7年前で、異動による職場環境の激変で鬱々していた私には「効い」た当駅でした。 07 5.20 この頃は、列車交換が行われていたので、少しは活気を感じることができ、列車が出た後にJAストアでおやつを仕入れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春告げキヤ検 2014  3

14 2.15  佐里 鉄次郎は佐里駅のカーブが気になっていたらしく、インカーブで構え、ご覧の感じでした。北側に面しているのが難点なポイントです。 佐里~西相知 私は以前から気になっていた、西相知駅手前の直線区間で構えることにしました。道路端なので、三脚が立てづらくて望遠手持ち撮りです。 晴れてい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春告げキヤ検 2014  2

14 2.15  大川野~肥前長野 律儀にもダイヤ通りに戻ってきた(当たり前!)キヤ検を、昭和なアングルで迎えます。平成顔とのミスマッチがなかなかです。 ホームからの望遠アングルに固執した鉄次郎カメラの画像、まあ、こんなモノでしょう。帰りの大川野には20分近くも停車するので、舐め回し撮影して移動することにします。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春告げキヤ検 2014

14 2.15  大川野 超レイルマンスな平成26年如月、中でも慌ただしかった14日に出撃できなかったので、15日にキヤ検を撮りに出撃しました。 いつものように唐津線で佐賀から来たのが伊万里で反転して唐津へ戻る、途中で行きも帰りも大川野で長停車を見越して、まずは下りを大川野駅撮り。 長停車とは言って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ななつ星の翌日はローカル撮影 3

13 10.27  上伊万里 気になるモノ、それは筑肥線の「中島潔ふるさと列車」なのでした。伊万里方面のブログで画像を見て、気になっていたのでした。 お昼前で、足場が悪いサイドに日が当たるので、工夫してイラストが写り込むように構えます。 動いている列車に詩的なイラストがついていて、その動きが何事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なかなかな伊万里唐津ラッピング

13 10.12  伊万里 ラッピングは嫌いでは無いものの、個人的にはどことなく馴染めない気がします。そう思っていたら、今度の「中島潔」は良さそうな感じで、撮りに行った鉄次郎の画像を凝視します。 遠目にはおおざっぱに見えたイラストも、停車中に近寄って眺めると細部まで丁寧に描かれていて、彩色も鮮やかで目を奪われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

振休の筑肥線はアノ駅詣で

13 7.30 アノ駅はコノ駅です。(笑) LMさんのブログで駅が整備された=室内が片付いた、と言う情報を得たので、訪れようと思っていたのでした。 駅舎内に入ってみます。室内がこざっぱりしていて広く感じます。崩すのでは無く、片付けてから手を加える様な感じもします。LMさんのブログによると、駅はJR管轄下から離れ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

振休の筑肥線

13 7.30  上伊万里 突然の感じで、午後から休日出勤の振休となります。これまた突然、筑肥線気分になったので(笑)、伊万里の市内の老舗パン屋で懐かしのコールスローパンを買って、上伊万里駅へ向かいました。 今春のダイヤ改正で、「メリハリ」がついて日中がスカスカになった筑肥線のダイヤです。13時から16時までに上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅雨の薄暮

06 6.16  肥前長野 かの宮脇俊三は、梅雨の雨上がりや夕暮れは日本的風景の一つの極である、ようなことを記していました。都会人の方は山岳線などの雨上がりや薄暮にそのような思いを持つのでしょうが、山に囲まれた長崎県民は身近すぎる山の雨上がりより薄暮に魅力を感じます。 6月前半は、水の入った田が薄暮な光を反射させ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これがラストショットか、銀塩撮り 2

08 5.18  肥前長野~桃川 銀塩の最後とは思わないまでも、中断のコマは南風崎と筑肥線で終わらせました。 麦秋のこの界隈の雰囲気や夕方の光線がお気に入りなので、1nを送るつもりでの撮影でした。と言うことは、中断では無く、既に終わらせるつもりだったのです。(笑) 肥前長野~大川野 大川野 麦秋の夕方に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これがラストショットか、銀塩撮り

08 5.11  小浦~佐々 そろそろデジ一眼かな...、と思いながら撮ったのが今から5年前の5月のコトでした。撮り鉄は銀塩、コンデジは家族や風景ちょい撮りと意地をはりながらもGRDを購入したりして(笑)、気がついたら銀塩の出番が減ったのでした。 08 5.18  肥前長野~桃川 やや露出不足ながらも銀塩の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more