テーマ:写真

令和3年初撮りは縁起物

21 1.7 南風崎 年明け出勤4日目ともなると、消毒、書類整理、会議、も、ひと通り済み、少し余裕出たと思っていたら、今年もお世話になる掲示板で国鉄色の交換予想が出ていました。 すなわち、 1番:佐世保1202(4229D)1402長崎、110番長崎1059(4230D)1258佐世保1304(4231D)1505長崎 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦日撮りはオグハエ

20 12.31  南風崎~小串郷 いろいろあった2012年、締めはやはりと言うか相変わらずと言うか、ココでこの車両です。(笑) 今年もお世話になった掲示板(かれこれ20年! m(_ _)m)で、110番が4228Dで上ってくるので出撃、時間的にも11:30頃なので、大晦日の家庭から抜け出しやすい運用でした。(笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終日のみんなの九州きっぷ 第2行路 門司港から川・山せみ

20 12.27 門司港 門司港側では折り返し時間が短いようで、着いて下車乗車で入れ替わると、もう発車の様子です。 レジャー施設のコレとは異なる趣を覚えるのは、街中を走る元臨港線だからでしょうか。佐世保のジョスコー線を思い出します。 動画 → https://youtu.be/81beNGhhdb8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終日のみんなの九州きっぷ 第2行路 門司港レトロは駅撮りから

20 12.27 予想外の大村線DCを振り出しに、門司港レトロ散策、先ずは駅撮り。(笑) キハ66・67-2@門司港を舐め回し撮り、貴重な光景であることは言うまでも無いことで、コレが事実上の最後でしょう。 数奇な運命で、ココに姿を見せる肥薩線車両、帰郷するには長い時間がかかりそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終日のみんなの九州きっぷ 第2行路 門司でキハ66・67

20 12.27 熊本 8時台の「にちりん・ソニック」で北上していると、「みんなの」北部の支局員から通信が入り、三角線を往復して門司港へ向かう連絡が入ります。 北部切符だと、そのような経路もありかと次回の参考にします。 臼杵 同じ頃、コチラは宗太郎越え下りの直後で、久しぶりの大分県南部を走…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最終日のみんなの九州きっぷ 第2行路 早朝の空港線

20 12.27 宮崎 8時の「にちりん」で出る前に、気分次第で早朝の宮崎空港を往復しようと就寝したら、5:40に目覚めたので早朝乗りつぶしを行いました。 宮崎空港 コロナ禍の皮肉な恩恵で、鹿児島県と宮崎県の未乗線を乗りつぶすことができました。コノ特殊な恩恵がなかったら、出かけることは無かったかも知れない旅程で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最終日のみんなの九州きっぷ 第1行路 黄昏の大堂津

20 12.26 志布志 駅に戻ると、乗って来た車両が折り返し待機しています。枝分かれしていた2線が廃止されて、日南線のみの着発駅ですが、中途半端な断面具合に往時の駅の規模が感じられました。 12時に宮崎を発った車両は、15:50に油津行きとなって折り返します。 南郷・油津~宮崎は夕方ダイヤのようで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最終日のみんなの九州きっぷ 第1行路 志布志リターン

20 12.26 志布志 早朝の佐世保を6:20に出発して、15時前の志布志に佇みます。 来た列車の折り返しは1時間後なので、駅前に出て鉄道公園を目指します。国鉄時代の駅跡を偲ばせる通りを進むと「志布志機関区」がありました。 正面に主役が待っています。 コノ界隈のSL終了は、新聞・テレビでも直後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終日のみんなの九州きっぷ 第1行路 志布志行き

20 12.26 佐世保 コノ日は帰省中の支局員も、「みんなの」北部切符でキハ66に乗車中。 大草~東園 初日は、実家を起点に西九州を周回する模様。 竜ヶ水~鹿児島 コチラは、特急「きりしま」で北上中、11月は夕陽の桜島でしたが、遅い朝のコレもなかなか。 宮崎 2時間かけてココに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終日のみんなの九州きっぷ 第1行路 鹿児島中央駅 

20 12.26 肥前山口~大町 コロナ波の復活に悩んだモノの、ローカル線の乗り鉄、人気の無いところでの撮り鉄(いつも(笑))なので、出かけることにしました。 新鳥栖 今回は宮崎県で乗りつぶしを行うので、前回と同じ「さくら」に乗ります。佐世保からの「みどり」も「さくら」も、見た目の乗車率10%前後、密回避で安心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬至のA列車

師走の第3波で危ぶまれた運行ですが、予定通り行われました。 三河内~有田 コノ日は気が滅入る(笑)冬至、雲が多くてイマイチ気分ですが、タイミング良く取れた午後振休を利用しての出撃です。 平日の月曜日ですが、同業者2名ほどの人出、コノ方々も振休かな?! 動画 → https://yout…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年は良い年でありますように。

今年もお世話になり(気持ち玉&コメント&その他)ありがとうございました。 コロナ禍の今年、身の回りに限らず鉄道界も未曾有な日々でした。 新年の希望と鉄道界への期待を思いつつも、来る年も相変わらずな記事に終始します。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年末の夕暮れ南風崎

20 12.19  南風崎~小串郷 早岐発16:51、南風崎16:57通過、東経130度の界隈は何とか露出が間に合います。 ビデオの位置が近すぎたのか、汽笛を3回鳴らされました、運転士さんスイマセンでした。m(_ _)m 動画 → https://youtu.be/wFOTyaPCSIY コノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末の星撮り

20 12.19  南風崎~小串郷 時候話で赤穂浪士の話題などあると年末モードに入ります。コロナ禍の本年、今ひとつモードに入らないのは忘年会が中止だからでしょう。 これまた恒例の、クリーンセンターにゴミ出し作業で年末モードに入りました。オグハエはクリーンセンター近くにあるので、率先してゴミ出しを買って出ます。(笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 師走、年末、斜光線

10 12.23 東山代~伊万里 冬が嫌いな割には師走年末感は大好きで、アラカンの今でも気分が高揚します。 北緯33度の西九州界隈は、年末でも小春日和の事が多くて、冬至前後の斜光線が楽しませてくれます。 食べ物旨いし、酒も旨くて、体調良し。やがて来る冬季うつ(ちょっとした気分不良)がウソのようです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 師走恒例の新車回送

10 12.11 三間坂 2006年から7回行われた松浦鉄道の甲種回送、終盤の頃は師走の風物詩となっていました。 武雄温泉~永尾 三間坂 撮影は(佐世保線内だと)午後の部と深夜の部の2回あり、気合い入れれば早朝~午前の部を鹿児島・長崎線で楽しむこともできたのですが、コノ回送の日と寒波が重なることが多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 激変の1年

00 12.27 日宇 1999年末の「さくら」撤退に始まり、翌春の「あかつき」撤退、ハイパー「みどり」登場、高架駅舎供用開始など、慌ただしかった20世紀の最終年でした。 1年後には、普電車両と普通DCが変わってワンマン化され、この変化は2年ほど続きました。 00 12.29  南風崎~小串郷 華…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再撮り直しの三代橋ななつ星

20 12.12 三河内~有田 コノ週も晴天だったので、リベンジするべく当地へ出かけました。 2週続きの同一場所撮りなので、列車の流れをつかんでいて、まずは下り特急から余裕のスタート。 三代橋~有田 先ほどの特急に接続して、松浦鉄道の伊万里行きが通過して行きます。 動画 → http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撮り直しの三代橋ななつ星

20 12.5 三河内~有田 11月に撮り損ねた場所で、再チャレンジ。天気良し、場所良し、上気分でカメラを取り出したらミラーレス、デジ一眼ではありません、ケースを入れ換えるとコノざま(怒)、望遠レンズが用をなしません。(笑) 三代橋~有田 気落ちしていると、奥の線路をMRが通過して行きます。 三河…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勤労感謝で深江撮り

20 11.23 筑前深江 「みんなの九州」の翌日は、タイトルの駅にやって来ます。 博多から新幹線で戻る岡山支局員の見送り。15時半過ぎに家を出ても17時前には現地に着く、西九州道路は便利です、しかも無料。 前原から先の単線区間は103系の牙城のようで、懐かしい音が交差します。 動画 → https://…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

11月のみんなの九州きっぷ 第2行路 鹿児島中央駅から最終行路

20 11.22 鹿児島中央 着いたら、タイミング良く発車に間に合ったので、ホームを出る前に見物しました。 「九州横断特急」の廃止で、コレのイメージが希薄になっていたので、現車を前にして実感新た、でした。 「いぶたま」に似通う車内の雰囲気。 発車前後のエンジン音を聞いていると、「特急」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月のみんなの九州きっぷ 第2行路 鹿児島駅で拾いモノ

20 11.22 鹿児島 あまり往来しない地域だけに、駅前で電停を見て、ココから始まるのかと納得します。 鉄道車両の基本的な技術が共通なのは世の常、長崎市のソレと似ているのは仕方が無いことなのです。関東地方の鉄道車両なんか、表皮が異なるだけで中身は同じらしい、のです。相鉄がJR走っている!!、田舎者は未だに驚いて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

11月のみんなの九州きっぷ 第2行路 鹿児島駅

20 11.22 枕崎駅と同様に、知ってはいたけれどコノ駅の変貌に驚きます。 動画 → https://youtu.be/NQeIZ6X9kV4 さらに驚くことに、貨物ターミナルの前に憩いの広場らしき空間が出現しています。 近づいてみると鹿児島中央方は線路が途切れている、日豊線からの直通はない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月のみんなの九州きっぷ 第2行路 吉松から下って隼人へ

20 11.22 吉松駅は、小林~京町温泉の盆地の南端にあるような位置にありました、これから下って錦江湾、って感じのルートです。西南戦争での反乱軍の末期ルートに沿っているようで、隠密で逃げることができるような地形でも無いのに、西郷軍が政府軍をすり抜けて鹿児島入りできたのは、彼を鹿児島で死なせようとの政府軍の配慮だったという説が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more