テーマ:松浦鉄道

10年前あの頃 さようなら100形

12 1.29 佐々 年末の甲種輸送や100形のミャンマー転出が終わって、年が明けると旧型車両の引退が迫ってきました。 引退が迫ると、ローカル3セクのボロ(失礼)車両でも、話題性が出るのはネット社会の特徴なのでしょうか。 春めくのに合わせて、撮影者も増えていました。 小さな鉄道の大変化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初冬の秘境駅

21 12.11 松浦鉄道 中佐世保 繁華街の秘境駅、星撮り前に立ち寄ります。 佐世保中央駅方面 北佐世保駅方面 1961年に開業して、10年間ほど有人駅だったそうで(記憶有り)、3セク化後、繁華街の中に佐世保中央駅が新設されてからの凋落ぶりは凄いです。でも、かつての国鉄赤字ローカル線を偲ぶには適した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 クリスマスの旅立ち

11 12.25 佐々 来る者あれば去る者あり、旧型車両とのお別れでした。 開業当初の車両が減るのは、鉄道車両とは言え淋しい気分でした。 「靴」を履き替えて、トラックのお世話になり、(たしか)博多の港から船出した記憶。 熱帯の国に引き取られ、元気な姿をネットで見ていましたが、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 冬の夜祭

11 12.10 有田~三河内 2006年度から始まった、車両の置き換え回送も終末期を迎えていて、6年目の頃には冬の風物詩と化していました。 早岐 昼間の回送を撮って、いったん帰宅して暖まり(回送の日は寒波に見舞われることが多かった)、早岐から「夜祭」が始まるのでした。 貨物機の塗装でしたが、何と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族仕業の日曜ちょい鉄

21 11.21 皆瀬 冴えない天気の昼前、中里駅で交換する列車を、次駅で狙います。 好天だった昨日から、一転して予報通りの天気の崩れ。列車に因はないものの、画像も気持ちも晴れません。 中里で交換した下りがやって来ます、手前のスペースは、かつての炭鉱線の跡。 そう言えば、明日の月曜日は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジフライの街で立冬撮り

21 11.7 松浦鉄道 松浦  1908年製の古レール 土曜出勤の翌日は立冬で、雲一つ無い晴天で小春日和。昼下がりに、訳も無くコノ方面に鉄心が起きたので、ちょい鉄しました。 15時台の列車交換を狙ったら、早く着いたので調川(つきのかわ)駅に寄って移動していたら、伊万里行きのレトロン車両団臨とすれ違いまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナー3セクのマイナー変化

11 11.3 本山~上相浦 11月が近づくと、コノ時候感を味わいたくなったので、久しぶりに行ってみると、 21 10.31  コノ惨状(個人主観の、趣味的には)。 河川の改修なのだろうけれど、素人目には、石の敷き詰めの方が災害の原因になるように誤解します。 時間あたり6本のダイヤなので、憮然と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 伊万里牛

11 10.9 伊万里 このような企画列車が、走りました。 マックス君、最近は「西浦ありさ」とか言う妹に押され気味、マスク付けたマックス君も見てみたい気もします。 コレは出発前だけれど(許可済み)、走り出して食べ出すと煙対策はどうする、と乗らないのに心配していると、 この装置で対策して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのオグハエ詣で

21 8.21  南風崎~小串郷 不遇な今夏。 梅雨明けの夏らしい天候時には帯状疱疹、治まった盆入り時期からの長雨、珍しく8月の画像フォルダ容量が少ないです。 キハ66・67ロスは覚えなかったモノの、ななつ星の長期運休を知らなかったのがトラウマで、ご無沙汰していたオグハエ界隈でした。 コノ週も木・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水没した北方駅 2日後

21 8.16 今回の長雨・豪雨が中休みしたコノ日、国道が開通したので出かけてみました。2日前の水没した映像が忘れられなかったからです。国道は北方IC入り口が混んだモノの(10時前後)、スムーズに北方駅へ向かいます。コノ日から前線が北上してくるので、事前に買い出しをする人が目立ちました、水が引いて、家内の片付けをする光景も .…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

令和3年 夏休み撮り

21 8.10  西田平~すえたちばな 東京五輪が終わって、月曜を休日出勤したら火曜から休み入り。初日に通院して、帯状疱疹の完治宣言を受けます。顕著な症状出たのが開会式だったので、思い出に残る東京五輪でした。(余命的に次回は不可能か(笑)) 休み期間の天気予報は、初日以外は雨、秋雨前線で相当な雨量が見込まれそうなので、コノ日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜通信 2021蔵宿桜

21 3.26 蔵宿 続いて定番の駅へ向かいます、場所もアングルも定番(笑)、例年と異なるのは早い開花です。 撮り鉄復活26th、鉄道業界だけでなく公的私的にも様変わりしましたが、コノ風景は変わりません。(パッと見には) 昼の時間帯は夫婦石で交換なので、1両でやって来ます。気だるい昼下がりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜通信 2021金武桜

21 3.26 金武 移動してくる人が着任しないと始まらない、午後から有休消化の年度末の忙中閑あり。毎年のように桜撮りしていますが、数日後の繁忙を思い英気を養うのです。今年は3日4日が週末なので、おそらくどちらかは休日出勤だろうな~。 着いて昼食を終える頃合いに、13時台の有田行きがやって来ます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日曜夕方の散歩鉄

21 2.07 中里 完休でゴロゴロしている日曜は、昼下がりからムズムズしてきます。立春過ぎて気温も陽の光も春めくので、さらにムズります。(笑) こんな時はムズりを鎮めようと夕方ちょい鉄、コノ界隈の夕方は15分前後で列車が行き来します。交換駅の中間地点にあるのです。 画面手前の空いた地は、旧佐世保鉄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 厳寒撮り

11 1.8 小浦~佐々 松が明ける頃に小寒、そして月末に大寒がやって来ます。(泣) 早朝氷点下2℃の極寒(笑)でも撮影したのは家族仕業の流れ撮りで、こうでもしないと「しばれる」風景など撮る意欲が湧かないのです。 コノ3セク鉄道は、左石~潜竜あたりで内陸部に入るので気温が低く、懐かしの霜柱など散見で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 師走、年末、斜光線

10 12.23 東山代~伊万里 冬が嫌いな割には師走年末感は大好きで、アラカンの今でも気分が高揚します。 北緯33度の西九州界隈は、年末でも小春日和の事が多くて、冬至前後の斜光線が楽しませてくれます。 食べ物旨いし、酒も旨くて、体調良し。やがて来る冬季うつ(ちょっとした気分不良)がウソのようです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 師走恒例の新車回送

10 12.11 三間坂 2006年から7回行われた松浦鉄道の甲種回送、終盤の頃は師走の風物詩となっていました。 武雄温泉~永尾 三間坂 撮影は(佐世保線内だと)午後の部と深夜の部の2回あり、気合い入れれば早朝~午前の部を鹿児島・長崎線で楽しむこともできたのですが、コノ回送の日と寒波が重なることが多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜夕方の散歩鉄

20 10.18 本山~上相浦 加齢で朝型人間に変わっても夕刻のソワソワ感は変わらないので、カメラ持って出かけます、健全です。 霊峰の愛宕山のおかげで17時近くになると夕陽が陰るのは折り込み済み。 コレが霊峰。コニーデ、トロイデ、ベロニーテ、と、イタ飯っぽい名称の山の形なのだろうけれど、コノ界隈には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域の雰囲気が残る御厨駅

20 9.14 江迎から北北東に山越えすれば御厨駅に着きます、所要時間30分弱、列車だと40分、しかも1時間1本の運行なのです。 御厨駅のあるこの地区は、平戸圏や松浦市からも少し離れたところにあり、昔からの地区で独特の雰囲気があります。そもそも地区名の「御厨」に威厳があるのです。 懐かしいよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

振休の平日午後鉄 秘境駅撮り

20 9.14  昭和で言うと、敬老の日の前日。コロナ禍で5月の業務が9月になり、その振休の月曜日でした。午前中にゴロゴロ休養していた反動で、昼食取ったら即出撃となりました。 昼下がりを気ままに「鉄り」たいので、秘境駅へ向かいました。 動画(秘境駅 すえたちばな) → https://youtu.be/MF…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 秋めく9月

10 9.4 佐々 9月の画像を見て「秋」を感じるのは、暦からの先入観では無くて太陽高度というか、光線、特に夕方の感じに思うからでしょう。 10 9.11 夫婦石 画像では涼しげでも残暑は厳しくて、コノ日の伊万里市の最高気温は32℃、撮影時でも30℃を切っていません。 10 9.20 山の田~北佐世保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦石と水神様

20 8.3 夫婦石~山谷 午前中の外勤を終えると、先日の休日の振休取れそうなので取って、何気無くココに来ます。 着いたら踏切鳴って、上下列車の交換。 晩夏間近の田の稲がイイ感じです。 気分良くなったので、山越えして帰宅します。 国見岳から八天岳を回って、いつもは通り過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日、梅雨明け

20 7.30 振休で3日間激務の疲れを癒やしていたら、「明けた」発表があり、昼過ぎに押っ取り刀で出撃しました。 夏の陽射しに狂喜(笑)するも、この駅舎に肥薩線を思います ...。 構内に上がると、その光景に高揚します、気温上がれ~♪ タイミング良く列車の到着、帰宅の学生などもいて、コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜はりきり鉄 午前

20 5.17  有田~三河内 コロナ禍の減量勤務でストレスレスなのか、日曜午前にしては活動的で、つばめ「みどり」を狙って出撃です。 蔵宿~西有田 見慣れた界隈も新鮮に見えます。(笑) 列車も同様に新鮮。 場所を移動しても新鮮、初夏っぽさを覚えて、川風に吹かれて帰りま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍の麦秋撮り

20 5.6 西有田~山谷 麦刈りはGW明けを予想して現地に着くと、その時期ようで麦の穂が揺れていました。 麦の穂は、順光と逆光での写り具合に差が大きいので、難しくもあり面白くもアリ、で面白いです。(笑) 15時台は隣の夫婦石駅で交換するので、そのまま待ちます。 朱色の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コロナ禍の「こどもの日」、今ごろアップ

20 5.5 吉井 自粛GWであっても新緑は眩しいので、ちょい鉄出撃です。 毎年々々、この期間中に鮮やかさを増す当駅、蔵宿駅と並んで私的な季節風物です、今年は特に慰められます。 鉄神様が自粛のご褒美に、交換列車に虎の子車両を充ててくれます。 次子と同年齢の車両に、帰省しない子を思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑のちょい鉄

20 4.25 吉井 沈静化の兆しも見えないコロナ感染、密を避ける=断密は無論ですが、もともと「密」が薄い地方鉄道なので新緑を少し感じようと出撃します。着いて、新緑と佐世保鉄道時代の風景を味わいます。 11時台は列車交換はなくて、平戸方面が着発するのみ。 光と風と新緑に、例年なら有田陶器市で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉井の残桜とレトロン号

20 4.12 潜竜ヶ滝~吉井 今年の佐世保市桜は伊万里市より1週間遅い開花だったので、もう1週遅く撮る事ができました。コノ地は散り桜、風が強いのでなかなかです。 列車が来る時に散らないのはお約束です。(笑) 吉井駅で交換した上りを撮って数年ぶりのアノ地へ向かいます。 *2枚目画像の真上に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2020年 吉井桜

20 4.4 潜竜ヶ滝~吉井 お昼に訪れた南風崎駅が中途半端な開花だったので、夕方にココに来ました。 思った感じの開花、日頃は撮影に煩い存在の道路橋梁も、コノ時は俯瞰撮りに役立ちます。 吉井交換の平戸方面行きを見送り、吉井駅へ向かいます。 コロナ禍ではあるモノの(コノ日の2日後に緊急事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more