テーマ:旅行

年末瀬戸内紀行 40年ぶりの宇野駅

21 12.30 宇多津~児島 高松駅前で、讃岐うどんを食べて、14時過ぎのマリンライナーに乗ります。高松から児島まで980円、直近の宇田津~児島で440円、ある意味日本で最高コスパな路線だと思います。昭和30年代世代は、小学生の時に「全国新幹線網」「青函トンネル」「本四架橋」で夢を見させられ、石油ショックの後の思春期に、「工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末瀬戸内紀行 始発終着の築港駅

21 12.30 高松築港 瓦町からは、長尾線も合流してきて、堂々の複線区間を通り、終点に着きました。 国策鉄道である高松駅とは、少し距離を置いて位置しているところに、コノ鉄道のプライドを思います。「築港」の響きがステキです~♪ 城に隣接していることも、さすがです。高松の鉄道の、元祖、本家本元なのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末瀬戸内紀行 志度リターン

21 12.30 志度 終着駅を滞在5分で折り返します。往路で不意打ち食らった、海辺の区間を録ります。 塩屋~房前 鉄道雑誌で刷り込まれた撮影地ですが、突然に海に出る感じが面白く、車内からも楽しめました。 動画 → https://youtu.be/gr6rRNwcLmc 今橋 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末瀬戸内紀行 琴電志度線

21 12.30 瓦町 長尾駅から戻り、瓦町に着きます。1994年までは、志度線が築港駅まで乗り入れていたそうで、分離後はホーム間に距離がありそうで、気が急きましたが、何のことは無く乗り継げました。 ホッとして、拝顔するとウィンクしているような大阪市営地下鉄車両を思い出します。スマホ調べで、コノ車両が名古屋市営地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末瀬戸内紀行 琴電長尾線

21 12.30 長尾 大手私鉄のターミナルを思わせる瓦町で、長尾線に乗り換えます。コノ感じ、伊予鉄の松山市駅に似ていて混同します。 長尾線も、伊予鉄の横河原線に似ていて、特徴の少ない沿線平野を一直線の感じで進み、気づいたら終点でした。 横河原駅は未踏駅ですが、グーグルストリートで「歩く」限りでは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末瀬戸内紀行 琴電琴平線

21 12.30 琴電琴平 午前中で3線全線を乗りつぶすので、コレを購入。 香川県も富山の私鉄と同様に、国策の鉄道(院鉄→省鉄→国鉄)と並行して走る地方私鉄があります。箱物行政、過大イメージの歴史観光地(某市の坂道(笑))ばかりを売りにする観光都市よりも、高松市界隈がコノ地鉄を支え続ける自力があるのだと感心します…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年末瀬戸内紀行 今さらながらの琴平駅界隈

21 12.30 善通寺 およそ28年ぶりの土讃線入り、歴史のある駅舎に感じ入っていると、終着の琴平駅に着きます。 琴平 列車がDCだったので気づかず、ホームに降りて架線に気づき、スマホ調べして国鉄時代最末期の電化を知ります。(笑) サンライズの琴平入りは知っていたモノの、琴平と多度津を混同して、予讃線・土讃線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末瀬戸内紀行 宇野から多度津へ

21 12.30 茶屋町 移動の翌日は、支局員のバイクでプチツーリングして、3日目に四国入りします。支局に最寄りの駅が宇野駅なので、始発で茶屋町へ出てマリンライナーに乗り換えます。コノ列車の通過に間に合い喜びます~♪ 動画 → https://youtu.be/-Si4VXYxT9Y コノ切符を使っての四国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末瀬戸内紀行 岡電 旭川と西大寺町

21 12.28 西大寺町~小橋 小橋という割には、中州を2つ越える見通しのある場所を通ります。この界隈は風致地区だそうで、このすぐ上流で旭川が蛇行する右岸左岸に岡山城と後楽園が位置していました、なるほど。 画面左奥に、城と庭園があるのです。 周囲を見ると、筑後川の諸富(佐賀)大川(福岡)の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年末瀬戸内紀行 岡電 中納言界隈

21 12.28 東山 散策撮りで歩き出そうとしたら、20年前の新型がやって来たので、歩道橋から俯瞰撮りします。 通過した後、スマホで調べて、コノ車両の経緯を知ります。加齢に伴い、電化製品を使いながら使用説明書にあたっていくのと同様に、鉄道車両も調べずに現地で納得するようになりました。年取ると、思考や行動が一種の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末瀬戸内紀行 岡電 東山線

21 12.28 佐世保 支局員の31日帰省に合わせて、出迎える形で岡山へ向かいます。415系を見ながら、始発「みどり」で出発します。 博多 JR西日本の「おとなび」切符だと、「こだま」6割引で、博多→岡山6000円、佐世保→博多を合わせても8000円なのです。9:00発で、12:30着、「のぞみ」・「さくら」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりの肥前大浦撮り

85 Aug 多良~肥前大浦 休日仕事帰りは、惜別気分で「有明線」を北上します。列車のタイミングと合ったので、数十年ぶり(笑)のポイントで構えます。 21 11.29 通過3分前に、近くの海事工事のオジサンと談笑していたので、ビデオスイッチが間に合いませんでした。(笑) 肥前七浦 いつもとは異な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島原半島の付け根で、鉄道撮り

21 11.29 休日仕事で、コノ界隈を訪れたので、休憩時間を利用して「島鉄」撮りしました。 コノ界隈、南側に断層とそれに関した地形、北は多良岳が位置し、駅名が表するような場所です。近年、開閉門で話題となっている国営干拓地も近くです。 休憩に合わせるかのように、時間あたり2本の列車が来るので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同和鉱業小坂線

88 11.4  小坂 昭和最後の11月、東京出張の最終日は2日。翌々日の4日(金)を有休にして、週末含めて4連休とする。「自粛」下の都内で友人と軽く飲んだ後、急行「津軽」で大館駅へ向かう。朝の大館は、自粛の雰囲気は感じられず、通勤通学の光景に、秋田美人の「産地」、と宮脇俊三が繰り返していたことを実感して小坂へ向かった。12月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 晩秋の天拝山撮り

01 11.23 天拝山~原田 午前を原田駅で、午後からココで撮るのがパターンでした。郊外の農地から新興住宅地へ変わり始める頃で、活気がみなぎる界隈でした。 動画 → https://youtu.be/GrX6EVCv2AY コレから20年、規模は比較にならないモノの、肥前山口~長崎が似たような状況です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 晩秋の原田撮り

01 11.23 原田 払暁の肥前山口から原田へ移動、高速を使わずに空いた一般道を走った記憶。 九州新幹線の(部分)開通の3年前、当時、日本を代表する「特急街道」でした。 東海道、山陽の特急街道に、(撮影が)間に合わなかった世代としては、この光景を疑似体験に代えるので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

20年前あの頃 晩秋の特異日撮り

98 11.24 佐世保 勤労感謝の週は、冬入り前の穏やかな天候が多いので、撮影に出向くことが多いです。 01 11.23 肥前山口 同時多発テロから2ヶ月、まだまだ混沌としていましたが、早起きして遠出しました。 行きがけの駄賃に、ココで「あかつき」撮り。JR西日本所属の、旧「出雲」編成が流用され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週末ちょい鉄ちょい旅 ラストは甘鉄

21 10.9 甘木鉄道 甘木 甘木ICは便利な位置にあり、鉄道と遺跡と両方楽しめます。先ずは、コノ駅から訪問。 駅を出る脇道が構内を通っているので、安全に気をつけて脇道撮り。 基山方にも車両が留置されているので、眺め撮りしていると、 終着列車がやって来ました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週末ちょい鉄ちょい旅 うきは

21 10.9 うきは~筑後大石  隈上川の近く 11時台の観光特急は、隈上川で撮ろうと移動していて、誤って西側へ出てしまって、引き返すのが面倒になったので駅へ移動、それよりも暑い、この時点で外気温31℃の表示でした。 うきは 筑後大石方の転線ポイントがイイ感じだったので、移動していると、「連れ」が、駅に車両が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週末ちょい鉄ちょい旅 筑後大石

21 10.9 筑後大石 今年は、10月の祝日をオリンピックに回したので、3連休は無し、でも、気分的にお出かけしたくなって、コノ界隈を訪れます。 佐世保を7時前に出て、コンビニに寄ったりして多久ICから杷木ICまで高速、コノ駅に着いたら待つこと3分で9:42久留米行きがやって来ます~♪ 場所替えして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 「G」豪遊券でぐるぐる九州 3日目午後は、西鹿児島→諫早→佐世保

01 8.23 鳥栖 早朝の門司港、お昼(正午)の西鹿児島、昼下がりの鳥栖、ビュッフェでの飲み食いと疲れで、朦朧としてのラストスパートです。 自宅の風呂、湯上がりビール気分ですが、これから、鳥栖→白かもめ→諫早→佐賀→みどり→佐世保、と「乗らなければ」ならないのです。(笑) 「みどり」で帰宅したい誘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 「G」豪遊券でぐるぐる九州 つばめ3号 西鹿児島行き

01 8.23 熊本 さすがに2日連続の夜行の朝は、眠たくて、ビュッフェで気分転換を図るも睡魔には勝てず、気づいたら熊本。 後ろの有明編成を切り離して、熊本を出ます。ブルトレの「さくら」の肥前山口発車(佐世保編成のみ)では、軽々とした加速を、乗っていて感じることが出来ました(懐)が、しかし、電車のソレには変化は感…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

20年前あの頃 「G」豪遊券でぐるぐる九州 豪華「つばめ」で南下

01 8.23 門司港 「九州の始発駅」から、鹿児島・長崎方面に特急列車が出て行きます。留置車両の回送扱いも兼ねているのでしょうが、コノ駅から出立するので、清々しいです。 日の出の演出まであって、なかなかです。 で、真打ち登場、豪華な「つばめ3号」の入線です。 回送含み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 「G」豪遊券でぐるぐる九州 早朝の小倉界隈

01 8.23 小倉 昨夜の佐伯から宮崎へ南下して、ドリームにちりんに「宿泊」して、目覚めたら小倉。 下車しても、気持ちが定まらないまま門司港に向かいます。 小倉~門司 「昭和」の「さくら」では、SLも含めた種々雑多な車両がいて、タダならぬ雰囲気ながらもワクワクしていた界隈、コノ当時も、そのような雰囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 「G」豪遊券でぐるぐる九州 佐伯止まりのソニック

01 8.22 別府 白ソニックを別府で降車して、「駅前高等温泉」で汗を流します。10年前、ココの昼風呂でコワい思いした(笑)ので、警戒したけれど、清潔な外観・内装に変わっていて、番台の管理人も一新したようで、ゆっくりできました。 さっぱりして、コンビニで夕食仕入れて、佐伯止まりのソニックに乗ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 「G」豪遊券でぐるぐる九州  北回りの九州横断

01 8.22 諫早 終着手前で降車したのは効率を求めたため、諫早~長崎の市布で上下の「白かもめ」が交換していたのでした。待つほど20分足らずで、上りに乗り換えです。 湯江 ココで、下りのハイパー「かもめ」と、 肥前大浦 ココで、「さくら」と、 里 信号所 ココで、下り「白かもめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 「G」豪遊券でぐるぐる九州 「つばめ」から「かもめ」リレー

01 8.22  川尻 八代を過ぎると、複線路盤も頼もしく、快調な足取りに変わります。 九州新幹線が、西鹿児島~八代を先行開業したのは在来線を乗ってみると理解できます。およそ2時間の所要時間が、およそ40分、英断だったと思います。長崎新幹線は、武雄温泉~長崎の短区間を、コノ区間と同一に考えることから迷走が始まっているのです、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more