年始の旅2020 津山機関庫でご先祖巡り

200105tuyama01.jpg
20 1.5 津山まなびの鉄道館

片上の保存鉄道と同じく、何となく存在は知っていたモノの軽く見ていた当地に来て、再び自省します。(笑)

200105tuyama02.jpg

懐かし車両を保存するので無く、キレイな状態で静態保存し系統立てて企画展示し、なおかつ地域の歴史にも関わる、という最新トレンドで運営されている事に驚きます。ココの後で訪れた因美線界隈も同じコンセプトのようで、だから「美作スローライフ」号を運行するのかと合点します。優等列車の走らない津山姫新線の駅と思っていると、津山の凄さはわかりません。市内に入る峠から見た津山の城下町は、コノ地の賑わいと物産の豊かさを象徴しているようです。中世に有力大名が覇権を争うべく争ったのでしょう、そのうち市内観光しよう~♪

200105tuyama03.jpg

と一人で肯いていたら(心中)、コレが目に入ります、会いたかった ...。(笑)

200105tuyama05.jpg

昭和40年代の技術進展や社会の動きで陽の目を見なかった幻のDL、というのはググればわかりますが、SLブーム最盛期(伯備線D51×3)にコノ界隈のDD54と並び忌み嫌われたそうで、D51よりも両数的に価値があるコレが通ってもシャッターの音は響かなかったそうです。

200105tuyama04.jpg

DE10のDD51バージョンかもしれないDE50、その性能や機構は置いといて、サイドから見る本体のアンバランス感に運用を持て余しただろうな、と感じるのでした。(涙)

200105tuyama06.jpg

DF50、これはズルツァー・エンジンの基本番台。
機関車も人事と似ていて、性能良いDE50は時代と適所に合わずに不遇を囲い廃車、石油エンジンなのにD51よりも性能が劣るコレが長命するなんて ...。動画で見る日豊線青井岳越えの「富士」「彗星」の鈍足ぶりには呆れます。(笑)

200105tuyama08.jpg

なかなかスマートな博物施設でした。

200105tuyama09.jpg

と、思って忘れていて引き返してコレを撮ります。九州には無縁の除雪車、実物を目にするだけでも寒気を覚えるのでした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント