年始の旅2020 吉ヶ原の踏切

20 1.5  黄福柵原から折り返す列車を狙うべく、懐かしい踏切小屋へ向かいます。ノスタルジーで復元したのでは無くて、保存のために維持した感じのする踏切小屋または詰め所です、旧佐世保駅の潮見踏切にもありました。 あの頃は子ども(鉄道好き)だったせいか、怖そうな(に見える)踏切掛でしたが、令和の掛員は生真面…
コメント:0

続きを読むread more

年始の旅2020 吉ヶ原の昼休み

20 1.5 片上鉄道 吉ヶ原 卵かけ御飯の名店から駅に戻ると、ココも昼休み状態で2台の古豪DCのエンジン音が響いています。運転開始まで時間がありそうなので、周辺散策してみます。 意外な場所にある車両目指します、支局員が「やっぱりね」顔で見ています。 久しぶりに見る湘南顔を見ていると、支局員の解説で…
コメント:0

続きを読むread more

15年間のアレコレ

03 1.2  南風崎~小串郷 18 8.8 ダラダラと似たような画像を撮り続けているとイイ事もあるもので、「変遷」を覚える事ができます。車両の変遷、そして自分の来し方行く末の「来し方」。 日々平安で毎日晴天、世の中の全て肯定、と言う気はサラサラありませんが、40代から50代半ばの時期、誰しもが味わうモノを味わった…
コメント:0

続きを読むread more

年始の旅2020 新駅「黄福柵原」

20 1.5 黄福柵原 2分足らずで終点に着きます。保存運転のために新設されたそうで、この先が終点の柵原だったそうです。吉ヶ原駅の周囲を保全エリアにしているので、程良い距離の「終点」です。 昔の路線表が残されている所に、この保存鉄道の真剣味を覚えます。 5分程度で吉ヶ原へ折り返します。 …
コメント:2

続きを読むread more

年始の旅2020 キハ41000で時空を越える

20 1.5 片上鉄道 隣駅の黄福柵原までの乗車でホームへ向かいます。ガソリンからディーゼルに換わったとは言えども、戦前製のキハがエンジン音を奏でている不思議を味わいます。 留置線ではキハ07がエンジン音を奏でています、戦前DCのデュエットです。 車内も手を加えすぎず丁寧に修復・保存が成され…
コメント:2

続きを読むread more

年始の旅2020 知ってて感じてなかった片上保存鉄道

20 1.5 片上鉄道 吉ヶ原 特に目的としたわけでも無く、第1日曜は保存運転やっているそうで ...的な気分で訪れて今更ながらコノ保存鉄道に驚きます。 車両があって、ちょこちょこっと動かすのだろうくらいで駅舎に近づくと、「鉄道」が営業しています。 しっかりした保存がなされている事を車両の見た目で感…
コメント:0

続きを読むread more

年始の旅2020 18切符でダラダラと

支局員の帰省の帰りに18切符がワン・スタンプ余るので便乗することにしました。令和最初の年末年始は9連休でした。 小倉 佐世保を5:56の始発で立つと、肥前山口~鳥栖~小倉~下関~岩国~五日市~三原、と乗り継げば18時前には岡山に着く、10年前、6年前、と同じパターンで、このダイヤの流れは続いています。 …
コメント:0

続きを読むread more

10年前あの頃 松浦鉄道にDL入線

10 1.23 佐々 「つぶやき」情報などから、DLが佐々~伊万里を走っている情報を見て出撃しました。 ひょっとして春先の団臨「人吉」客車かも、等と都合の良い事考えて出迎えたら、単機運行で訓練運転のようでした。 10 1.24 吉井 翌日も運行されたので出向きます。 伊万里 …
コメント:0

続きを読むread more

10年前 あの頃 千綿で驫木気分

10 1.5 大寒前後の天候によってはコノ駅も日本海風情を味わわせてくれます。 寒さ嫌いなので、わざわざ出向く事はありません、コノ時は出張帰りでした。新年早々からフル1日の研修を受けて帰る途上に旅情を覚えたのです。(笑) 車置いて飛び乗りたくなる車両がやって来ます。カップ酒、貧相なつまみ、列…
コメント:0

続きを読むread more

15年前あの頃 車両の行方

20 1.5 旧津山機関庫 年始に上記の場所で興奮していたら(笑)、右側の車両に気づきます。 05 3.12 糸魚川 津山の機関庫施設は予備知識無しで訪れたので、感慨もひとしおでした。 誕生から流転から終焉の地まで、機械なのに人格化して感慨を覚えさせてくれるのもコノ趣味の魅力です。 …
コメント:0

続きを読むread more

15年前あの頃 さくら、長崎駅

05 2.10 肥前山口~牛津 05 1.30 小長井 コノ頃は「さくら」の廃止カウントダウンで、さすがに数回出撃しています。簡素化された編成が哀愁を帯びていました。廃止の翌週に出張が入っていて、何ともならずに乗り継ぎ「あかつき」で戻りました。 15 11.3 長崎 そう言えばコノ駅も高架切り替えです…
コメント:0

続きを読むread more

FestivalなSL撮り 山口駅長停車からラストスパート

19 12.21 山口 支局員は撮り鉄、私は乗り鉄で夜汽車を味わっていると山口駅で1時間の長停車。ここで撮り鉄に転換~♪ 反対側ホームへ向かうと、到着前から陣取っていたらしい重装備の方々がいて、長時間停車だから大丈夫と思いアングル内に入ると、「指示」が出ます。(笑) 許可もらって撮った後に様子を見ていると、蒸気や…
コメント:0

続きを読むread more

FestivalなSL撮り 地福から山口まで

19 12.21 地福 Festival会場を後にして回送入線30分前に駅に来たら、30人ほどの同業者。一番密度が高い辺りが機関車の位置のようで、かろうじて画像のアングルで狙います。 車中での夜間蒸気を味わうのが目的なので、早々にホームへ上がります、ココは平時でした。(笑) アノ頃は親の監視の下で眺…
コメント:0

続きを読むread more

FestivalなSL撮り 地福まで

19 11.21 山口 支局員が手はずを整え、山口線恒例の「地福夜祭」に行きました。 夜祭以上に夜間の蒸気列車に乗車するのが楽しみで誘いに乗ったのでした。 指定された座席はお気に入りのWルーフ板張り座席、気分は昭和の3等車、車中で夜汽車を味わえるかと楽しみです。 動画 → https://yo…
コメント:0

続きを読むread more

山陰線あの頃 蒸気最後の冬

70 12.28 京都 三島事件の波紋が治まった感の年末、仕事納めの飲み会を早めに切り上げて最終に近い新幹線で京都に降り立ちました。京都駅の1番線は年末の喧噪とは異なり、年明けた4月には引退するシゴナナが静かに蒸気を吹いていました。牽引機が若番の5番かどうか気にはなったモノの、醒めかかった酔いを戻そうとカップ酒と駅弁を買い求め…
コメント:0

続きを読むread more

師走の京都鉄道博物館

19 12.14   久しぶりの支局員報告は出張報告でした。 以下、コメント感想。 コノ機関車はこの業務が似合っている気がします。(または北びわこ号)山口線では後ろのDD51に押されながら煙上げるだけの業務で痛々しかったです。 あれだけ走っていたのに保存車はコレだけ、しかも3枚窓。湘南顔を拝むにはDNAが…
コメント:2

続きを読むread more

20年前あの頃 「さくらロス」でテンハル詣で

00 1.3 原田 さくらロスの年末年始もミレニアム越え(千年に1度!)で気が紛れますが、カウントダウンが一段落すると再びロス感が出てきます。 で、松の内にココに詣でたのです。記録しなければ、の思いからか保存性の良いコダクローム64を使いましたが、その独特な色味は、昭和20年代の進駐軍写真を思わせました。ピントにはまれば素晴…
コメント:0

続きを読むread more

20年前あの頃 「さくら」ロス

99 12.4 佐世保(さくら最終日) 大げさでなく「万感胸迫る ...」別れをした後、突然にロス感が押しよせてきました。 99 12.30 多良~肥前大浦 寂しさのあまり「さくら」に会いに行きましたが、ロネ・オシ無し編成、鈍重な列車時刻、撮っていて哀れ感を覚えます。 肥前飯田~多良 3…
コメント:2

続きを読むread more

好天日曜鉄

19 12.15  南風崎~小串郷 働き方改革ならぬ撮り方改革、週末のどちらかは本来の休養に充てるようにしているのですが、ポカポカ好天だと後先考えずに出撃してしまいます。フィルム時代だと自制が効いたのですが、何でもありのデジタル時代だと自制が外れるのです。(笑) 動画 → https://youtu.be/VTUJ9GV…
コメント:0

続きを読むread more

贅沢な土曜鉄

19 12.14 永尾 星が出始めてから6年が過ぎ、現行の運行経路になって4年が経ちました。土曜の陽が当たる時間帯に、或る列車、国鉄色、その他の塗色DC(しかも現役最古参)、ななつ星(佐賀以遠で最大9回の撮影可)、と日本西端にしては贅沢なのですが、さすがにマンネリ感もあります。アングルの変化を楽しむようになりました。 …
コメント:0

続きを読むread more

討ち入りの日の撮り鉄は豪華

19 12.14 南風崎 タイトルは、忠臣蔵の討ち入りの日にちなんだモノで、令和の御代でも映画・テレビなどで続くのでしょうか? こちらは引退が見えてきた車両。コノ日は1番が「長崎856(3226D/F)1042早岐1053(3226D)1105佐世保」、110番が「長崎635(224D/B)918佐世保1009(…
コメント:0

続きを読むread more

師走の豊後森紀行 夕焼け筑後大石

19 12.8 筑後大石~夜明 1時間もかからずに到着。日田盆地から降りてきました、というのがわかるロケーションです。 タイミング良く1858Dが到着。日田を15:28に出て久留米に16:32に着くダイヤは需要があるようで、そこそこの乗客です。 久留米の街に行ってらっしゃい~♪ 先ほど…
コメント:0

続きを読むread more

師走の豊後森紀行 赤列車3本

19 12.8 豊後中川~天ヶ瀬 いつもの定番撮影地で14~15時台の1時間を過ごします。特急2本と普通1本が往来するのです。 俯瞰撮影ばかり目にするので、川面に降りてみたら2枚目のアングルでは電線が入り込みます。こうやって定番撮影地のおなじみアングルの意味を知るのです。 動画 → https://yout…
コメント:0

続きを読むread more

師走の豊後森紀行 引治駅撮り

19 12.8 引治 この次々駅の野矢で3号と2号が交換するのは知られていますが、その3号が10分近く遅れます。野矢交換が恵良交換となるか期待するも、通常通りの模様と判断し待ちます。 老朽車両を見ると、遅れの苛立ちも静まり、見送ります。 動画 → https://youtu.be/m9VjMr5ow4E …
コメント:0

続きを読むread more

師走の豊後森紀行 盆地で寒風撮り

19 12.8 豊後森~恵良 公私ともにマンネリ化のアラカン、せめて撮影アングルだけは変化しようと盆地のただ中で構えます。早朝の冷えで微風でも堪えます。(笑) でも、眼前にそびえるメサを背景のアングルで寒気も忘れます。 動画 → https://youtu.be/45C01FgmZJM …
コメント:0

続きを読むread more

師走の豊後森紀行 冷え込みの朝撮り

19 12.8 豊後森~北山田 冬でも12月に入ると浮き足立つのは性癖(性的嗜好に非ず、最近、誤解が多い語句の一つ)で、冷え込みにもめげずに車中泊鉄を敢行しました。 冷え込むけれど晴天、の予報は外れて冷え込むだけの厳しさ、でも、3℃くらいです(笑)が、柿の実と樹が余計に寒さを感じさせます。 動画 → htt…
コメント:2

続きを読むread more