みんなの九州きっぷ 第2行路 おとなび(笑)別府

200921bepu01.JPG
20 9.21

乗り放題切符の旅では、文字通り「放題」で駅前に出る事は無いのですが、今回の旅は「連れ」がいるので温泉街などを散策してみます。

200921bepu02.jpg

懐かしい風情が漂うのは、有名温泉街ならではの事。若い頃は敬遠していた風情に親しめるのも、加齢の証、コレでイイのだ~♪

200921bepu03.jpg

200921bepu04.jpg

夜とは異なる風情ですが、温泉、うなぎ、居酒屋、

200921bepu05.jpg

その延長線上に、出現するコレ、う~ん、辻褄が合っている(笑)、さすが別府です。

200921bepu06.jpg

昼食後は、「連れ」と別行動。高名なココで一浴です。
入ってみたら、地下に温泉が湧いて砂湯もある、要するに昔の海浜温泉が残っている、という類いの施設でした。入浴と言うよりも施設遺産を味わう温泉でした(ぬるめの湯)。

200921bepu07.jpg

来た道とは別道で戻ろうと脇道に入ると、コレ。先ほどの「施設遺産」と道を挟んでいます、さすが別府です、素晴らしい。(笑)

200921bepu08.jpg

その脇道を進んで行くと、「無いとタウン」でなく「ナイトタウン」が現れます。画像右端に注目。

200921bepu09.jpg

こっち方面の興味より、懐かし昭和の興味が優先して(ホントです(笑))、立ち止まります。平成または21世紀に、生まれたり物心ついた方は驚くでしょうが、あの頃は街の大通りに、この手の類いの映画の大看板があったり、通学路にロードショウ立て看板があったりしました。佐世保市も、松浦町に常設の日活館があって、たまに通常の映画が掛かる時は、ドキドキして入館したモノです。我々より二世代前の先輩方は、コレに加えて「遊郭」風情まで味わわれていて、何というかある種の感慨を得ます。

200921bepu10.jpg

駅前に戻ってきて、この温泉に気づきます。近年リニューアルして雰囲気変わりましたが、30年前に初入浴した時は場末感満点でした。40後半の「お水」上がりっぽい方が番台や浴場管理されていて、昼下がりに一人で入浴している私の所に、2回ほど意味なく近づいて来てコワかったです。(笑)

200921bepu11.jpg

次回は、ココに泊して、夜散策をしてみよう~♪


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

鉄仮麺ライター
2020年10月04日 06:00
おはようございます。竹瓦温泉は何度か入ってますがいつも激アツでまともに浸かる事が出来なかったです。水でうめると地元の常連客に怒られそうですし。成人向けと一緒にやってた映画館は昔明石にもありました。懐かしいです。
門ハイ(管理人)
2020年10月04日 12:37
こんにちは。
コノ時は、38℃前後の感じで、ぬる目でした。源泉に手を付けてみると、40℃越えてる気がしました。
成人映画館、街中に見るコレは、昭和の風情でしたね。ネットの普及で壊滅したとは言え、温泉街の風情の一端で残っていますね。